いわき秀英高等学校

卒業生の方
Facebook
いわき秀英高等学校
カリキュラム
カリキュラムの特色
学校行事
行事カレンダー
修学旅行
部活動
Q&A
学習面について
生活面について
入試情報
入試説明会
生徒募集要項について
学費について
オープンキャンパス
入試対策講座

就学旅行

平成30年度修学旅行

  • 日程 : 平成30年11月24日(土)~30日(金)
  • 行程 : スウェーデン・フィンランド

第1日目 11月24日(土)

修学旅行1日目。6:00に学校を出発し、無事に成田空港に到着しました。
出国審査を終えて、ヘルシンキ経由でストックホルムへ向かいます。
ストックホルム空港へ無事に到着し、レストランで夕食を食べました。
メニューはトマトとクリームチーズのカプレーゼ、ミートボール、クリームチーズのベリーソース添えでした。日本時間では真夜中ですが、ほとんどの人が残さずにしっかり食べていました。ホテルに到着し、明日の準備を行い、早めに就寝します。

第2日目 11月25日(日)

修学旅行2日目。朝から元気いっぱいにバスで市庁舎とノーベル博物館へ行きました。
ノーベル賞授賞式会場を見学し、ガイドさんの話しに関心を寄せていました。
午後は、ガラムスタンと世界遺産のドロットニングホルム宮殿に行きました。
ガラムスタンでは、初めての班別研修を行い、クリスマスマーケットやお店でお土産を購入する姿が見られました。ドロットニングホルム宮殿では、宮殿内の装飾品や絵画を見学しました。その後、ホテル近くのスーパーやフードコートで食事をし、明日の乗船のための準備をします。

第3日目 11月26日(月)

修学旅行3日目。今日も朝からお腹いっぱい朝食を食べてストックホルムを一望できるフィアールガータン展望台に行きました。その後はバーサ号博物館に向かいました。
1961年に海から引き上げられたスウェーデン海軍随一の戦艦バーサ号がほぼ原型通りに復元されており、豪華な装飾、大迫力に圧倒されている様子でした。次にスカンセン野外博物館へ行きました。
伝統的な160棟もの建物が集められ、多くの珍しい植物を栽培している素敵な庭、そして動物達を見ました。歴史のある建物や当時の人々の暮らしを知り、野生動物に感動していました。レストランで昼食後、いよいよバッタムン港へ出発です。
シリアライン船に乗降し、バッタムン港を出港しました。
バルト海における最大の広域アクセスを可能とする旅客輸送船で、年間約980万人利用している船です。
みんな船内を見てその迫力に驚いていました。シリアライン船内の注意事項を受けた後、買い物等を楽しむ姿が見られました。明日は、フィンランドに入国になります。

第4日目 11月27日(火)

修学旅行4日目。船内での食事はビュッフェ形式で生徒は美味しい料理に舌鼓みを打っていました。
朝は、船内のデッキに出て朝焼けを眺めたり、素敵な風景を写真に撮っていました。
船の揺れ方が気持ち良かったせいか、良く眠れた生徒がほとんどでした。そして、みんな元気いっぱいに船を降りフィンランドへ入国。フィンランドではまずオールドマーケットへ行きました。生鮮食品が売られており、肉やパンなどいろいろな食材に生徒は興味深々で見学していました。
その後、今夜宿泊するホテル近くのカンピショッピングセンターへ行き昼食を食べました。ピザや焼きそば、すしなど様々なお店があり、生徒は食べたいお店へ入り食べていました。
午後は、元老院広場、ヘルシンキ大聖堂、テンペリアウキオ教会へ見学しに行きました。
元老院広場は、ヘルシンキ大聖堂の前に広がり、中央にはロシア皇帝アレクサンドル2世の像が、市内を見守るように建っています。ヘルシンキ大聖堂はフィンランドの首都ヘルシンキのほぼ中央にあり、ヘルシンキ大聖堂はフィンランドがロシアから独立をはたす1917年までは、聖ニコラス教会と呼ばれていたそうです。
みんなヘルシンキ大聖堂内にあるパイプオルガンの音色を椅子に座りながら聞き入っていました。
次にテンペリアウキオ教会に行きました。氷河期から残る天然の岩をくり抜いて造られた教会です。
教会内には削り出したむき出しの岩肌を残したことで独特の音響効果を得られ、パイプオルガンの美しい音色を聴いていました。夕食は、ヘルシンキ大聖堂にあるレストランで食べました。サーモンと野菜のスープ、マッシュポテトとラムと牛肉のビーフシチュー、アップルパイアイス添えです。
特にアップルパイのアイス添えが好評でした。明日はいよいよ班別研修ができる最後の日となります。フィンランドがスウェーデンよりも寒いので、生徒の体調に気をつけて引率していきます。

第5日目 11月28日(水)

修学旅行5日目。今日も朝食をたくさん食べて、元気いっぱいに徒歩でホテルを出発しました。
まずはウスペンスキー寺院の見学です。ロシアの建築家、アレクサンデル=ゴルノスタイッフによって設計された赤れんが造りの重厚な様式で、13個の黄金色のキューポラ(丸天井)が特徴です。
次に、ヘルシンキ市立美術館へ行きました。館内には、ムーミン作者のトーべ・ヤンソンの絵画があり、生徒はとても感動していました。他にもフィンランドで有名な作家の作品も鑑賞し、興味深々の様子です。
午後は、カンピショッピングセンターとムーミンショップのノルディスで班別研修です。
各班毎に昼食を食べ、大切な人にマリメッコやムーミングッズのお土産を購入していました。その後、ホテルへ戻り、明日のフィンランド高校生に贈るプレゼントの折り鶴をみんなで心を込めて折りました。夕食はホテルのレストランでビュッフェ式の夕食をお腹いっぱい食べ、明日に向けて早めに就寝する予定です。
いよいよ明日、現地で過ごす修学旅行最後の日となりました。フィンランド高校生と交流し、お互いにパフォーマンス発表を行います。

第6日目 11月29日(木)

修学旅行6日目。今日は朝食後、フィンランドのヴァスキヴオリ高校へ行きました。
ヴァスキヴオリ高校生による合唱とダンスを見た後、本校の学校紹介とクラス毎に発表をしました。
発表内容は、寸劇・ダンス・合唱・ハンドベル・二人羽織です。フィンランド高校生は歓声を上げ、大変盛り上がりました。昼食は学食で食べ、現地の高校生と交流する姿が見られました。
ヘルシンキ国際空港へ到着し、無事に全員が出国審査を終えました。あとは搭乗するのみです。
待ち時間が2時間ほどあったので、みんなお土産を購入したり、空港内を散策していました。 フィンランド航空AY073便(17:20発予定)にて日本へ発ちます。
成田空港の到着予定時間は11月30日(金)10:00です。友部SAにて学校到着予定時刻をメールします。

第7日目 11月30日(金)

成田空港を出発し、友部サービスエリアにて昼食をとり、14時00分に出発し、学校到着は15時30分を予定しています。 体調を崩している生徒もほとんどおらず、全員が揃って大きなトラブルなく戻ってこられました。
そして今回企画から実施まで担当してくださった現地の添乗員の皆様、JTBいわき支店様、準備等でご協力いただきありがとうございました。 次の登校は12月4日(火)です。
元気に登校できるよう、全員しっかり身体を休めてください。また、活動の振り返りシートを記入し、良い学校生活がスタートできるようにしましょう。