いわき秀英中学校

卒業生の方
Facebook
お知らせ
いわき秀英中学校
いわき秀英高等学校

いわき秀英中学校

修学旅行を行いました

2015年05月20日
平成27年5月12日(火)~15日(金)、奈良県・京都府にて修学旅行を実施しました。

12日(火)6時20分に学校を出発し、首都高の混雑もなく予定よりも早く東京駅に着くことが出来ました。この日は奈良県・京都府に台風6号が接近するという事で心配をしていましたが、バス移動の際に激しい雨が降ったぐらいで、施設見学には支障なく日程を終える事が出来ました。

13日(水)は暑い日になる事を予想していましたが、風が吹き、木陰を移動したこともあり涼しく感じました。午前中に奈良公園を散策しながら春日大社や東大寺大仏殿等を参拝、薬師寺では法話を聴き、最後に唐招提寺を参拝しました。午後には京都に移動し、宇治平等院を見学、京都大学において折紙工学の講義を聴き折紙の奥深さなどを学び、最後に北野天満宮を参拝し一日の日程を終えました。

14日(木)は一日自主研修、班ごとに数か月前から計画していた施設を回ります。慣れない土地という事もあり、たどり着くまでに多少時間がかかった班もありましたが、事故や怪我もなく自分たちの力でホテルまで戻ってきました。この日の夕飯はすき焼き、自分たちで肉を焼き、野菜を煮るという事で楽しく作っており、お腹がいっぱいになるまで食べていました。

15日(金)、最終日のこの日は京都を回り、午後には学校へ向かいます。金閣寺には開門前に着いたのですが、すでに大混雑という状態だったために、中に入るとなかなか前には進めませんでした。その後、銀閣寺、最後に清水寺を訪れる予定でしたが、清水寺の駐車場が満車、さらにその前の交差点から大渋滞という事で新幹線の時間も考え、三十三間堂に変更しました。三十三間堂内のたくさんある観音様の中に自分と似ている像を見つけると幸せになるという事で、自分自身や身近な人々を探し、見つけた時には嬉しそうに教えてくれました。帰りの首都高も混雑なく、予定よりも早く学校に着くことが出来ました。

今回の修学旅行を通して、日本の文化や歴史を体感的に学ぶ事ができ、さらに自主研修を通して、力を合わせて行動する事の大切さや楽しさ、達成感など様々な事を学ぶ事が出来ました。ここで経験した事、学んだことを今後の生活に活かしてほしいと思います。

修学旅行 奈良・京都